大会1年前イベント「2つの世界遺産をつなぐハイキング 電車でGO!」開催



来年の11月に開催する「スペシャルオリンピックス2022広島大会」の大会1年前を記念してイベント「2つの世界遺産をつなぐハイキング 電車でGO!」を11月20日(土)に開催しました。平和記念公園から宮島までをアスリートや関係者がピンクの大会Tシャツを着て市内電車に乗ってハイキングすることで、大会をPRしました。


スタート地点である広島市の平和記念公園では、原爆ドーム前にて出発式を行い、ゲストとして、大会サポーターの広島東洋カープ前監督緒方様をはじめ、JTサンダーズ広島OBの町野様・大町様、NTT西日本ソフトテニス部の平岡選手・長江選手、JALふるさと応援隊の皆様から応援メッセージをいただき、元気よく出発しました。


出発式でのゲストの皆様と、大会サポーター緒方様からの応援コメント



JTサンダーズ広島の町野様からの応援と、ゲストの皆さんとの記念撮影



また、ゴール地点の宮島桟橋前広場では、参加者にはゴールスタンプを押して、カープ坊やコラボ缶バッチなどをプレゼント。また、 広島東洋カープの大瀬良投手の応援メッセージの放映やJTサンダーズ広島OBの町野様・大町様や宮島観光親善大使の向井 優芽様との記念撮影をして交流を深めました。最後に、解散式を行いました。


宮島の紅葉を散策する参加者と、広島東洋カープ大瀬良投手の応援メッセージ


解散式での崔実行委員長の挨拶と、参加したアスリートの感想コメント



今後、来年の大会開催までに、県内でさまざまな付帯イベントを開催していく予定です。その中で、ひとりでも多くの方に大会を知っていただき、アスリートに熱い声援を送っていただけるよう、これからも大会PRを行ってまいります。